プロフィール

名越 涼

フリーランス フリーアナウンサー/農ジャーナリスト

略歴

東京都出身。幼少期を香港で過ごす。
テレビ局のアナウンサーを経て、2013年フリーに転向。
フリー転向後は【枠にとらわれず、好きなことを仕事にする】をテーマに活動。
アナウンサー業にとどまらず、コミュニケーション・印象学の体系化、講師やイベントの企画・プロデュースなどマルチな才能を発揮。
自身のライフワークとして位置付けている「食」の分野においては、第一次産業から学ぶことにこだわり、全国各地の畑を取材し農業コラムを執筆。その活動が認められ、農林水産省主催「働き方改革検討会」の有識者に抜擢される。

セッション

農業高校から始まる未来の農業イノベーション

概要

農業高校は、プロジェクト学習を通じて、地域の課題を解決するイノベーションを全国各地で生み出している。
本セッションでは、本年の日本学校農業クラブ全国大会で農林水産大臣賞を受賞した熊本農業高校の「食品廃棄物を利用した飼料製造に関する研究」の発表を聞き、農業高校の知られざるパワーに触れていただく。その上で、企業、大学等を交えて、農業高校のイノベーションパワーで未来の農業をどう切り拓くか等を語り合う。

登壇者

モデレーター

会場

東京都中央区日本橋室町三丁目2番1号COREDO室町テラス3階
室町三井ホール, ワークショップ

開催日時

2019年11月19日 午後01:00 - 午後01:55